--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.25

爪切れ

286.jpg

このようなポーズで爆睡している時にしか爪を切る事ができない。

「そろそろ切らなきゃ」と思いつつ2匹の爪きりが延び延びになっていました。おかげで爪ものびのび・・・。
げんさんは寝ているときに、もーちゃんは起きているときに爪を切ってます。
げんさんも起きている時切れないこともないですが、急に暴れると抑えきれないので危ない。もーちゃんは暴れても体で包み込んで固定できるのでそのままOKです。

そろそろシャンプーだし、今日こそはと思い手元に爪切りを用意。何しろげんさんは寝ている時に切るので、ゴソゴソモタモタ準備をしていたら起きてしまいます。今日はもーちゃんと一通り暴れまわった後に爆睡していたのでその隙に切りました。
久々だったので、爪がちょっとカーブするくらいまで伸びてました。
こんな状態で引っかかれたら痛かろう・・・などと思いながらプチンプチン。最後の1本(人間で言うと親指のところ。ものすごく切りにくい)だけになったところで起きてしまい、ウーウー抗議されましたが、寝ぼけているうちにホールドして切りました。
とりあえずげんさん両手両足クリア。

げんさんがウーウー言うと、寝ていたもーちゃんが「何事ですか」とのそのそ起きて近づいてくるので、そのまま引き寄せて抱っこ。そして前足から高速でプチンプチン。
もーちゃんは爪を切られはじめてから嫌がって暴れだすまでにちょっと時間があるので、その隙に切ります。今日は片前足が終わったところで「イヤーン」と言われましたが、そのまま切り続けました。
そのうちもーちゃんが口をフガフガし始めたので「やばい、噛まれるか?」と思いましたが、イヤーンな顔しながら私の手をペロペロ。かわいいのう。

287.jpg

どうすれば爪切りから逃れられるか、猫会議中。

猫達が来たばかりの頃は、恐くて爪を切る事ができませんでした。げんさんはブリーダーさんが切ってくれたばかり状態で来たので、伸びてきた爪からちびちび切ることができましたが、もーちゃんはMAXに尖った状態で我が家に来て、しかもげんさんの事を考えたらすぐに切らないといけなかったので焦った記憶があります。
もーちゃんは来た当初壁紙がりがりやってくれたしなぁ・・・(遠い目)
ちなみにげんさんは爪もものすごく太いです。もーちゃんは針のように細い。
普段引っかかれて痛いのはもーちゃんの方ですが、本気出されたらげんさんの方がダメージ大きいんだろうなぁ。くわばらくわばら。

288.jpg

猫じゃらし付きエビフライもどき

スポンサーサイト

Posted at 00:00 | 四猫日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。