--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.28

あの感動をもう一度~もーちゃん編の2

前回の続き。

肝心の子猫はというと「生後50日」と新聞には書いてあったけど、思っていたよりもずっと小さくてびっくりしました。家においてきたげんさんと一ヶ月しか違わないけど、こりゃ踏み潰されるわ、と思うくらい。
とにかくソファーやら網戸やら登ったり走り回ったり元気みたいで、ちょこまかネズミのよう。で、電話で交渉した黒白はちわれの女の子を何とか捕まえてみました。

292.jpg

えいやー!

足は夫様。隔離中のこの頃からもーちゃんは夫様とラブラブ。

ち、小さい・・・。そして軽い、軽すぎる。
「その子最近目やにとかがひどくてねー。毎日拭いてあげてるのよ。その子だけなんだけど」と親元さんが言っていました。顔を見ると目やには出ているわ、目やにがこびりついて赤くなってるわ、鼻は鼻クソで(失礼)真っ黒になってるわで、結構ひどかったのです。毛並みもボサボサだし、なにより小さすぎる。

うー、どうしよう。と思いました。マンションで生まれた子だというから普通の飼い猫さんの子供かと思っていたらちょっと状況が違ったし、なんか目やにとかひどいし、母ネコにはワクチンもしてないらしいから、病気がないとも限らない。我が家にはげんさんもいるので、実はかなり迷いました。

エサは何を食べてるんですか?トイレは砂何使ってますか?トイレの使用後の砂ちょっともらっていいですか?などと質問すると、親元さんが不思議そうな顔をしました。
「なんで砂持って帰るの?」と聞かれたので「トイレに使用後の砂入れたらすぐにトイレ覚えてくれるから・・・。」と説明すると、「へぇー、詳しいのねぇ、研究でもしてるの?クスッ。昨日とりに来た人は何にも言わなかったわぁ。」と言われた。何となくカッチーン(怒)と来たんですが・・・まぁいいや。

なんか親元さんとも温度差あるし、私はますます迷ってうーんうーん、と心の中で葛藤していたんですが、普段何事にも優柔不断・・・いや慎重な夫様がこの時に限って「じゃ、もらって帰ります」とあっさり言ってしまったので、結局そのまま連れて帰ることになりました。(私は「いいのかよ!」と思いつつ・・・。)

「母ネコ別の部屋にいるけど見る?」と親元さんが言ってくれましたが、何かこれから子猫連れて帰るのにママ猫さんの顔見るのが忍びなくて遠慮してしまいました。今思えば見せてもらっても良かったかも。
「じゃぁ最後のお別れねー」と言って親元さんはもーちゃんだけママ猫の元へつれていき、挨拶をさせたようです。なんだか切ないなぁ・・・。

文章長くてすみません。まだまだ続く。続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:07 | 四猫日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。