--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.10.12

混乱拡大中

343.jpg

いつもと同じように見えるけど・・・

混乱は拡大中です。
ちゅー坊との関係はもーちゃんもげんさんも特に問題無いようで、昨日のげんさんの下痢も一回だけだったようです。それなのに何故混乱が拡大しているかというと・・・。
なんとげんさんが愛に目覚めてしまったようなのです。つまり発情。

ここから18禁------------------------------------------?

ちゅー坊が来る少し前くらいから、たまに夜鳴き声が大きくなったりいつもよりイライラしていたりしてたんですが、昨日で確定です。嫌がるもーちゃんに何度も挑んでいました。引き離して、すぐに夫様と確認したところ、ニョキッと物的証拠がでてきておりました。
道理でちゅー坊ではなくてもーちゃんばかり追いかけていたはずです。もーちゃんの方は全く発情の兆候もないし、突然狼になったげんさんにとまどうばかり(たまに自分からケンカに行ってるけど)
げんさん自身も、なんかムラムラするけど、それからどうすればいいのかはまだわかっていないようで、もーちゃんの首の後ろを噛んで足をジタバタするものの、完全に乗っかったりはしてませんでした。

344.jpg

げんさんから避難中のもーちゃん。
かわいそうに、何が起きたのかもわからない・・・。

もーちゃんは発情したことがないし、多分まだ妊娠できる体ではないのだけれど、万が一ということもあるし、首のところも痛そうなのですぐに隔離されました。ものすごく嫌がってたし。「何でしつこく追い回すのよーーーっ!」て感じでかわいそうだった・・・。ちゅー坊は不思議そうな目で2匹と慌てる人間達を見るばかり。

げんさんは雄だし長毛なので、発情が一番遅いバターンなはずなのですが、やはり発育が良いせいか、愛に目覚めるのも早かったようです。(7ヶ月なので、今月中には手術予定だったけど)でも人間年齢に換算してもまだ12歳から13歳ですよ。小学校の高学年で「なんで俺だけヒゲ生えてんの、そしてもう短パンは無理だぁあ」って感じの発育がいい子がたまにいるけど、げんさんはそのタイプのようで。

雌のもーちゃんが発情していないのになぜ雄のげんさんが発情したかというと、おそらく我が家以外のマンション周辺にいる雌猫さんのせいではないかと思われます。実際、朝方声がしてたのでほぼまちがいないでしょう。我が家は6階ですが、マンション周辺は野良もいっぱい飼い猫もいっぱい、上の階に住んでる美白猫のゆきちゃんだって避妊してないかもしれない。

というわけでげんさん、去勢手術することになりました。なるべく早い方が良かったんですが、シーズンで予約いっぱいらしく、20日に予定してます。とうとうハードゲイにかわいいげんさんの・・・をとられる日が来てしまいました。ついでにその日ちゅー坊のワクチンもお願いしよう。

今日は昼過ぎくらいから落ち着いてるので、目の届く範囲で3匹一緒にしてます。目の届かない時はもーちゃんと隔離。また狼になりませんように・・・。

スポンサーサイト

Posted at 23:36 | 四猫日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。