--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.10.21

もーちゃんVSたぬき

367.jpg

今日のげんさん。食欲もばっちり過ぎ。

昨日去勢手術を受けたげんさんですが、今日はすっかりいつものげんさんに戻りました。心配していた目の充血も食欲も元通り。
見事なまでにツルツルになった○○(中身無し)ですが、今日観察したところ早くもうっすら毛が生えてきています。すごいよげんさん!

もーちゃんの下痢は下痢→軟便程度まで回復。でもまだまだ心配です。
ちゅー坊は通常営業元気ハツラツ。

--------------------------------------------------------

昨日は結局3匹とも病院(仮称HGアニマルクリニック)行きになってしまったわけですが、いろいろと楽しいハプニングがありました。

①ポン子ちゃん乱入

げんさん、ちゅー坊の診察が終わって、最後にもーちゃんを診てもらったんですが、その時にタヌキのポン子ちゃんが診察室に乱入してきました。「ポン子ちゃん!こっち来ちゃ駄目だってば」とHGが裏に連れて行き、検査続行。

もーちゃんは恐怖の検便をされ、「じゃあちょっと便を検査しますんでそのままお待ちください」とHG。検査のため裏手に引っ込んでいきました。HGのいなくなった診察室。
しかしなぜかそこにポン子ちゃんが!!!

どうやらHGが裏手に行くためにドアを開けたときにスルリと入ってきたようです。しかもHGは気付かずにドアを閉めてしまい、診察室には私ともーちゃん(私が抱っこしている)、足元のキャリーの中にちゅー坊、そしてかわいい首輪をしたポン子ちゃんの4名に!

ひぃい・・・タヌキと接した事なんてないし、げんさんなみに大きいしもーちゃん食べられたらどうしよう(゚д゚lll)ひぃいいいいい~
などと思って声を出して助けを呼ぼうかと思ったんですが、ポン子ちゃんは楽しげに診察室の中をフンカフンカ言いながらお散歩しているだけで、安全そうなのでそのまま放っておくことにしました。

もーちゃんはポン子ちゃんに気付くと、ものすごく不思議なものをみるような顔で(あたりまえ)観察してましたが、私が抱っこしていたからか特に動揺せず。さすがにポン子ちゃんが私の足元に来た時はフーッとか言ってましたが、ひょっとしたらポン子ちゃんのことは猫だと思っていたかもしれないです。
ちなみにキャリーの中のちゅー坊はポン子ちゃんに気付かず、のんきに毛づくろいをしておりました。

ポン子ちゃんは、ゴミ箱をひっくり返して遊んだりちゅー坊のキャリーを覗いたりして診察室の散歩を満喫していたようです。
そのうち検査を終えたHGが戻ってきたので「先生、タヌキが・・・」と言うと「あぁああーっ!ポン子ちゃんまた!すいませんすいません」と言いながらポン子ちゃんをまた裏に連れて行きました。

「あれだから野生動物は・・・」とHGはブツブツ言っておりましたが、以前ポン子ちゃんを見たときは保護されたばかりでケージに入っていて、怪我もしていてうずくまっていたので、だいぶ元気になったようです。
HGの病院では病院で飼われている猫や犬、カラス(昨日はちょうど日向ぼっこしてた)もうろついていますが、ポン子ちゃんとケンカしないんだろうか・・・。続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。