--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.29

再会再開



「あれ?人数たりない???」

前回の更新からちょっと間があいてしまいました。
コメントもたくさんいただいていたのにお返事遅くなってしまって申し訳ありません~。

実は虫垂炎いわゆる盲腸で飼い主♀が一週間ほど入院しておりました。
手術はせずに薬で散らしてきました。
入院の経緯は後述させていただきますが(いらんか・・・)入院ということで、初めて猫達と一週間も離れ離れになってしまったのでございます。

06082802.jpg

「いや、いつも通り」

夫が家にいて猫のお世話をしてくれてるとは言え、普段は私にべったりな猫達のこと、さぞや我が家は大混乱であろうと期待・・・いや予想していたんですが、夫によると「全くいつもどおり」だったそうです。
特に一番ちっこいのはどうやら私がいなくなったことに気づいていなかったようです。
私は毎晩猫達のことを思って枕を濡らしていたというのに。

ごはん食べなかったらどうしようとかちゃんとトイレきれいにしてくれてるだろうか、とか色々心配してたんですが、全く変わったことは無かったようです。
強いて言えば「猫ご飯を準備しているときにげんさんが夫(全裸)の股の間に頭を突っ込んできて大変だった」くらいらしい。

そんな様子を夫から聞かされていたので、退院して一週間ぶりに会ったときに「忘れられてたらどうしよう」「ちゅーに逃げられるかもしれん」と心配していたんですが、そんなこともなく、ちゃんと感動の再会をしました。

【一週間ぶりに会った三猫の感動的反応】
・げんさん→すぐに寄ってきてスリスリしたあと「撫でれ」のポーズ
・もーちゃん→すぐに寄ってきてスリスリスリスリひたすらスリスリ・・・。
・ちゅー坊→「キャー!」と一鳴きして自分の食事場所へ・・・。

ちゅー坊に関しては、お買い物で15分留守にして帰ってきた時と全く同じ反応でした。まぁ逃げなかっただけ良しとする。

夫がお世話係になると私よりもウエットフードの量が多いので、ひさびさに会ったげんさんは入院前よりも毛並みつやつやでした。毛玉ができてたけどな!

06082803.jpg

退院祝いに勝手に祝杯(人間用リンゴジュース)をあげようとするげんとく氏

しばらく会っていなかったせいかわかりませんが、もーちゃんの「食わせろ、そして遊べ」の主張が普段の5割増くらいになっており、寝ていると病み上がりの腹の上にアタックをくらいます。
まぁ、手術したわけじゃないからいいんだけどね・・・うえっぷ。

続きは盲腸の情報(盲腸まだしてない方用)続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 18:58 | 四猫日記 | COM(31) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。