--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.10.26

誤食 大反省

今回は(今のところ)命に別状がなくて何よりだったんですが「誤飲・誤食」は死んでしまうこともある、絶対にさせてはいけないことです。
気をつけていたつもりだったんですが、今回は私のミスが重なってげんさんに辛い思いをさせてしまいました。

今回の原因を自分なりに整理すると

・「おどり」を前回口に入れていた時点で処分すべきだった
・洗った後に、流し台の上の棚に置くべきではなかった(認識不足)
・未遂だった段階で、すぐにちゃんと処理すべきだった

これ以外にもありそうですが、大きな原因はこの3つだと思います。猫は小さな子供と同じで、何でも口に入れる可能性があるのに・・・。特に一番下は自分でも信じられない。何でフタが開かないと確信してたのか。昨日の自分にあったら張り倒したいくらいです。

今日はゴミ箱の向きを変えて猫が乗っても開かないようにしたり、おもちゃ箱際点検したりしましたが、油断せずに、常に気を配っておかないといけないことだと思います。

自分の認識と注意の甘さを改めて思い知った一件でした。
ダラダラと長くなってすみません。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://rotc.blog39.fc2.com/tb.php/120-45b9a46a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。