--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.16

げんさんVSハードゲイ

248.jpg

どよーん・・・

HGアニマルクリニック(仮称)にウイルス検査に行ってきました。
本当はもーちゃんが加わる時にするべきだったんですが、その時かかっていた病院(HGとは別)で「室内で生まれて外に出てないからいいでしょう」と言われて、検便と触診くらいしかしないままだったのです。
また新入りが来るので、その前にやっぱりやっておこうと思い病院へ連れて行き、検査をしてもらいました。

2匹とも採血は初めて。私も採血のつきそいは初めて。
先に暴れる方からやっておこうと思い、もーちゃんから採血してもらいました。
注射を何度もされているので、HG(ハードゲイ似のかかりつけ獣医さん。名医らしい)からは逃げようとしてましたが、特に暴れることなく終了。猫の血管(が浮き出てるところ)をはじめて見ましたが、よくあんな細いところに注射打てるなー獣医さんは。
ちなみにもーちゃん2.1キロ(・∀・)

続いてげんさん、げんさんは今まで病院でまったく動じてなかったので平気だと思ったんですが、そううまくはいきませんでした。
診察台にのって「冷やっこーい」とごきげんだったんですが、採血のために前足を握られた途端に暴れだしました。そういえばげんさんは足を握られるのが大嫌いです。
なんとか私がおさえて針をプスッ!・・・刺した瞬間にビクビクッとげんさんがまた暴れ、針が抜けてしまいました。
「あー、一旦針を変えますね。」ということで針を変えて再挑戦。
プスッ!・・・と刺した瞬間、今度は足だけピャッとひっこめてしまいました。幸い針は折れませんでしたが、やっぱり抜けてしまってげんさんの足に血がチロチロでてきてしまいました。
「こ、これは足を変えましょう」ということになって今度は反対側の足で挑戦。HGに指示されて私が激しく首筋をなでている隙に、今度はすんなり針が入りました。でも血がなかなか出てこない・・・すわ、またやり直しかいな!と思ったらチビチビ注射器の中に血がたまっていきました。やっと終了。
足についた血はHGが「きれいじゃなきゃイヤよねー」と言いながらきれいに拭いてくれました。
なんとげんさん、結局3回もプスッとされてしまいました。たぶん私の保定の仕方が甘かったんだと思います。げんさんゴメン( ´Д⊂
来月去勢するからまた採血あるなー。それまでには一緒に特訓しようゼげんとく!

げんさんに関しては、ウイルスの心配よりも体重の方が心配で、HGに何回も「大丈夫ですか?この子は大丈夫なんですか!?」と問い詰めましたが、太ってないそうです。HG一目見て大きさにびっくりしてたけど。
「ラグドールとかの血が入ってる・・・わけないですよねぇハハハ」
「入ってません」・・・と、思うよ。(自信なくなってきた)
太っているわけではないし、そろそろ成長も止まると思います、と言われますた。でもこんなに大きくなるスコティッシュフォールド(HGはスコッティと呼んでいた。スコッティフォーーーッ!!)は初めてです、だそうで。
まぁ、人間でもかわいいかわいい言い続けられればかわいくなるように、ひょっとしたら猫も太った太った言い続けてたら太るのかもなー、と思ったので、今日からは「げんさんスリムねー」と本猫には言うことにします。
太ったナーと思うと、どんどん丸く見えてくるから不思議(そういえば昨日夫様の眉毛が濃くなったなーと思ってみていたら、そのうち我修院達也なみに見えてきた)ちなみに体重は3.8キロです。5キロでおさまって欲しいところ。

249.jpg

↑新カゴ入荷。順番待ち:5分

最初の画像のげんさんはどよーんとして見えますが、実はものすごく遊びまわった後です。2匹ともHG?誰それ?って感じで元気です。
そういえばウイルス検査は2匹とも異常なし!でした。良かった良かった。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://rotc.blog39.fc2.com/tb.php/78-3f4e30b6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。